製品一覧

排水側溝

L型導水工

「SK L型導水工」は、バリアフリーを意識し開発された排水性舗装対応型の側溝です。エプロン内に半円形状の水路を内臓、雨水は水路内を誘導され排水されますので、水溜まりや水跳ねを防止します。
水路上部にセットされたオリジナルリッドは、雨水とゴミ類を分離、又水路内への土砂の流入を最小に抑えます。
「SK L型導水工」は、L型側溝とほぼ同等の掘削・埋戻し土量で施工できる水路工ですので、他水路工に比べ大幅な省力化が計れます。

流量表

粗度係数:0.013

箱型U字溝

一般的な側溝の場合は、舗装透水部より浸透した雨水排水の際、雨水通水道として、舗装厚の調整が不可欠でしたが『箱型U字側溝集水タイプ』では路盤全体の舗装厚を一定にした状態で、排水が可能とされています。
また、排水孔は1m毎に2ケ所設けられており、舗装透水部より浸透した雨水を効率よく集水できます。

·設計荷重縦断T‐25対応

車両乗入れ部を考慮して、設計荷重T‐25 に対応しています。

·分散集水機能

側溝と蓋のズレ止め部分を利用して蓋側面の切り欠きから路面水を側溝内に取り込むことができます。
又、蓋切り欠きが垂直で、路面水を直線的に取込むため目詰まりが起こりにくくなっています。

·コスト削減

集水能力をもった側溝でグレーチングが不要のためトータルコストを削減できます。

·防音機能

従来のU型側溝類においては、磨耗・カド欠け等により発生する本体と蓋とのズレが騒音発生の主な要因でした。
箱型U字側溝集水タイプは、縦断・横断・回転等のずれを極力発生させない事で磨耗・カド欠けを防止でき、蓋ズレが生じ難いため、ガタツキを最小限に抑えることができます。

·道路幅員の有効利用

側溝幅をコンパクトに設計している為、狭い道路を有効に活用できます。(一般的な側溝に対して90~100 ㎜多く幅員を確保することが出来ます)

·施工性が良い

蓋表面に滑り止め効果がある模様を施してある為、滑り難く歩行性が良いです。

·バリアフリー対応

車両乗入れ部を考慮して、設計荷重T‐25 に対応しています。

·可変勾配が可能

深溝タイプを利用して、現場にて簡単に勾配をつけることができます。(全面開口のため施工性が良いです)


施工事例はこちら